2019年度文部科学省委託事業
「専修学校と地域の連携深化による職業教育魅力発信力強化事業」
専修学校と各地域の連携による「職業体感型教育」等の効果検証

専修学校の様々な取組を活用した職業体感型教育の効果検証事業

令和元年度事業の実施結果について


1 事業名
  2019年度専修学校と地域の連携深化による職業教育魅力発信力強化事業
  専修学校と各地域の連携による「職業体感型教育」等の効果検証
  専修学校の様々な取組を活用した職業体感型教育の効果検証事業

2 事業実施期間
  令和元年10月1日~令和2年3月13日

3 事業の趣旨・目的
  若年者人口の減少は地方においてより深刻であり、将来の労働人口、定住人口の減少は地方の衰退を

  招く大きな要因とされている。
  また、若年労働者においては、職業観や勤労観の不足などによる雇用のミスマッチや早期離職が大き

  な課題とされている。
  北海道において専修学校は、卒業者の就職率も高く、また卒業生の多くは道内に就職するなど、地域

  の振興に大きく寄与している。
  専修学校は職業教育機関として、豊富な経験と知見を蓄積してきており、本事業では中学生及び高校

  生に職業体験講座を開催するとともに、生徒への進路指導を担う教員等に対して適切な専修学校情報

  や職業に対する情報を提供する取組を行うことにより、職業・勤労に関してまた、専修学校に関して

  適切な情報提供が行われる取組を展開する。
  本事業の実施により、専修学校や職業教育に対する理解向上を図るとともに、中学・高校生の職業、

  勤労に対する理解向上、職業教育に関する教員の知見の深化により、職業適性のミスマッチや早期離

  職の減少に資する。

4 事業内容
(1)中学生、高校生等を対象とした職業体験講座等の開催
   これまで道内の中学生、高校生等に対して職業体感教育を実施してきており、これら開催実績を有

   する職業体験講座を活用して、中学生、高校生に対する職業観、勤労観の醸成と専修学校への理解

   増進を目的とした「職業体感型教育」の効果的手法を検討する。
(2)職業体感型教育等に関する調査
  ・ 専修学校、中学校並びに高等学校など「職業体感型教育」の関係機関(者)に調査を行い、参加

    した際の意見を収集し、効果や課題等を検討する際の資料とする
  ・ 都府県の専各連における「職業体感型教育」の実施状況を調査し、内容、課題等を把握する。
  ・ 専門学校に在校する生徒に対して専門学校入学までの経緯等を調査し、専門学校への進路決定の

    経緯や親や担任などとの相談の状況などを把握し、検討の際の参考資料とする。
(3)職業体感型教育に関する分析・評価
   「職業体感型教育」の取組実績や参加関係機関(者)の意見などを分析・評価し、効果や課題を明

    らかとし、より効果的かつ実際的な手法の検討の資料とする。

 


 

 令和元年度事業成果報告書は、こちらからダウンロードできます。